入金のタイミングがバラバラにならないので管理が楽

オンラインショップの運営者は必ず決済代行会社と契約した方がいいとは限りません。大手のショップは自社で決済システムを持っているところも多いからです。自社で運営しているシステムで決済できるようにしておけば、手数料を抑えることができます。しかし、規模の小さなショップを運営している場合は、決済代行会社を利用した方がメリットが多いでしょう。

具体的にはまず、入金を一元化できるということが挙げられます。カード会社や携帯電話会社と直接契約し、カード決済とキャリア決済を自社のシステムで使えるようにした場合、入金のタイミングがバラバラになってしまうので確認の回数が増えてしまいます。しかし、決済代行会社を利用した場合は、カード決済でもキャリア決済でも同じタイミングで入金されるようになるので確認がしやすいです。

決済システムの運営と管理を任せることができる

決済システムやカード番号などの管理を決済代行会社に任せられるのも大きなメリットでしょう。自社の決済システムに脆弱性があり、クレジットカード情報を流出させてしまった会社は非常に多いです。決済システムの運営、管理にどれだけの人員が割けるのかという点において、中小規模のオンラインショップは不利といえます。あまり大きくない会社が少ない人員で無理して決済システムを運営し、まったくアップデートできずに情報の流出を許し、損害を出したら早々に経営が危なくなってしまうでしょう。

しかし、決済代行会社は決済システムの運営、構築が本業の一つであり、人員も十分です。そのため、安全な決済システムを利用したいのであれば決済代行会社に任せた方がいいわけです。

決済代行は、店舗等とクレジットカード会社の中間に立ち、カード決済の導入審査から決済の運用まで一手に引受けます。店舗はカード会社の審査が通り易く、決済システムの導入コストが低減できる等の利点があります。