ファクタリングで資金繰りを正常化

仕入れをしたり販売をするとき、ビジネスでは掛取引が一般的です。商品のやり取りの都度代金の受け渡しをするのではなく、締め日などを設けて1か月分をまとめて支払うなどします。その都度の支払いだとその都度手数料などが発生しますが、掛取引なら1か月に一度なのでコストも手間も省けます。ただ商品は渡しているの代金が入っていない状態が発生します。さらに販売相手によっては予定通りに払ってくれないところもあり、資金繰りに苦しむときもあります。ファクタリングは売掛金を買取ってくれ、一定の手数料を差し引いて入金してくれます。相手の支払いが滞っているかどうかに関係なく入金してもらえるので、資金繰りに困らず事業運営が行えるようになります。

売掛金の相手が倒産したらどうなるか

毎日のように多くの会社が設立されていますが、同様に倒産する会社も毎日のように発生しています。倒産をするとそれ以降取引が行えなくなるので、もしその会社に商品を販売していると売掛金の回収ができなくなる可能性があります。取引をする相手の調査を入念に行いながら取引をしなくてはいけません。ファクタリングサービスを利用すると売掛金の買取をしてもらえますが、この時に売掛金の相手会社が倒産したらどうなるかです。通常はその分の債務を負うため、ファクタリング会社に返金をしなくてはいけません。ただファクタリング会社の中には償還請求権なしの債権譲渡を行うところがあり、こちらを利用していれば倒産をしたとしても返済義務は発生しません。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金など債権を買い取り、企業に代わって代金を回収する金融サービスのことです。